MENU

お墓参りの時期はいつ?年に何回行けばいいの?

 

お墓参りは年4回が一般的

お墓参りに行くタイミングとしては、春のお彼岸・秋のお彼岸・お盆・お正月の年4回が一般的です。
すべての時期にお墓参りに行くのは難しくても、いずれかのタイミングでお墓参りに行くことができれば良いかと思います。

 

しかし、夏のお盆時期とお正月の年末は長期休暇なので、旅行やレジャーを楽しんだり、普段できないことやリフレッシュのための期間にしたい気持ちもあるでしょう。

 

だからと言ってお彼岸の春分の日と秋分の日は祝日が1日のみなので、霊園や実家が遠方の場合、前後で休みを取れなければそもそも行けないことの方が多いかもしれません。

 

 

お盆の時期は地域によって違う

一般的にお盆は8月13日から16日までと知られていますが、実はこの時期は地方や地域によって異なるのです。
もともとは明治以降に太陽暦である「新暦」が導入され定着したことで、8月のお盆が生まれ、旧暦では7月がお盆だったのです。

 

旧暦では7月13日〜16日がお盆とされ、その後旧暦7月15日は新暦では8月20日前後となるため、この期間がお盆になり(旧盆)、新暦7月15日が農作業の忙しい時期と重なったため、現在では8月13日〜16日(月遅れの盆)が「お盆」とされているのです。

 

また、沖縄では現在でも旧暦の日付でお盆の行事が行われているほか、東京や横浜などの関東圏でも一部では新暦の7月にお盆の行事が行われています。

 

このように人の生活に合わせて時期が変わってきた背景を知ると、古来よりお盆やお正月にお墓参りをする習慣があるだけで、必ずしも決まった時期にお墓参りに行かなければならないという決まりごとはないようです。

 

もし霊園へ行く時間が取れるのであれば、時期がずれても直接足を運んで墓前で手を合わせるようするのが一番です。

Sponsored Link

このページの先頭へ