MENU

お墓参りの花はどれがいいの?色や種類は?どこで買えばいい?

 

お墓参りは滅多に行くことがないと、どんなお花を供えていいのかマナーがよくわからないですよね。

 

今回はお墓参りのお花を選ぶポイントとマナーをご紹介します。

 

お墓参りの花はどんなものがいいのか?

実は、厳密には持って行ってはいけない種類というのはありません。
お墓参りには故人が好きだった花を持って行くのが一番とされます。
例えば、生前故人がひまわりが好きな方であれば、ひまわりでもOKです。

 

ただ、持って行く場所や立場によってお花を選ぶ必要が出てきますので、今回はそのポイントをお伝えします。

 

お墓参りの花の色や種類は?

お花の色は一般的には、3色だと「白・黄・紫」を選びます。
更に追加していく場合には「赤・ピンク」を選びましょう。
基本はこの5色だと思ってください。
ただし、四十九日までは白が中心か、白のみとします。

 

 

お花の種類は、大輪菊・小菊・洋菊・カーネーション・ストックが仏花と呼ばれるものです。
スーパーの店頭で売られているものだと、基本的には仏花が花束になっていることが多いですね。
他には季節の花も良いとされていて、春はアイリス・キンセンカ・スターチス、夏はリンドウ・グラジオラス・ケイトウ・ユリが色合いも良いでしょう。
また、宗派にもよりますが、生花だけでなくプリザーブドフラワーなどの造花でもOKです。

 

注意したいのは、棘や毒のある花です。

 

きれいでもバラはやめておきましょう。
また、神道のお墓参りのときは花ではなく榊を持っていきますが、ふつう持参するのはお花なので心配なときには事前に確認しておきましょう。

 

お墓参りの花はどこで買えばいいのか?

仏花としてすでに花束となっているものはスーパーやホームセンターでも購入できます。
金額も500円程度で手頃な値段です。花屋さんで購入するときは、霊園近くの花屋さんで購入するのが良いでしょう。
金額は2,000円くらいまでで構いません。

 

霊園へ行く時間が朝早い場合は当日お店が開いていないこともあるかと思います。
そんなときは前日に用意をしておくことになりますが、必ず水切りをして、新鮮な状態で墓前に供えられるようにしておきましょう。

 

事前に確認しても良い

お墓参りにお花は必須です。
ただし、親族が集まってお墓参りに行く場合は良いですが、個別に行く場合はすでに墓前の花立てがいっぱいの可能性もあります。
事前に確認するか、もしくは花立を用意しておくのが良いでしょう。
ご先祖様への気持ちをお花に込めて伝えてあげてください。

Sponsored Link

このページの先頭へ