MENU

お墓参りの服装はどんなものを着ていけばいいの?普段着でもいいの?色は?

 

現代ではお墓参りへあまり頻繁に行くことが少なくなり、いざ行くとなると「何を着て行けばいいかわからない」ということがありますね。
あれこれ悩んでしまいがちですが、どのような服装が正しいのでしょうか。

 

今回はお墓参りに行くときの服装のポイントをご紹介します。

 

お墓参りのときの正しい服装とは?

正しい服装と言っても、お墓参りのときには普段着で構わないのです。
ただし、どのような人と一緒に行くのか、また自分の立場などで着て行く服は変わるかと思います。

 

まずは普段着の中でも避けたい服装です。

 

  • 短いスカートや短パンなど、露出が多い服
  • 赤やピンクなど派手な色の服(特に原色はNG)
  • サンダルやクロックスなど軽装すぎる装い

 

 

また「初盆」のときにはできるだけ正装に近い恰好で、色も黒やグレーなどの暗めの色を選びましょう。

 

  • 男性ならスーツやジャケットにシャツ、ネクタイもした方が良いです
  • 靴下の色にも注意しましょう
  • カフスやタイピンなどの金具はマナー違反となります
  • 女性はスーツやワンピース(パンツスーツも可)
  • 肌色か黒のストッキング
  • 靴は黒やグレーなどでできるだけ光沢ないものを選びます
  • アクセサリーはパールタイプのものならまず問題ありません

 

春先や秋にはこのような恰好が望ましいですが、お盆時期や夏場には軽めの服装でも良いでしょう。
いずれにしても、全体的に派手すぎないことが重要です。

 

  • 色は白、黒、紺、グレーなど控えめな色
  • スカートやパンツにシャツやブラウス(半袖も可)

 

立場によって異なる服装

友人や知人のお墓参りであれば、上記のポイントを守った普段着であれば問題ありませんが、お嫁さんとして義父母の実家へお墓参りに行く場合は、その地域や家庭によってしきたりがある可能性があります。

 

一般的な服装と異なる場合はありますので、結婚して初めての法事やお墓参りでは、旦那様や義父母に、「どんな服装で行けばよいのか」を必ず聞いてみてくださいね。

Sponsored Link

このページの先頭へ