MENU

お墓掃除の仕方と必要な道具を徹底解説します!

 

お墓参りに年に数回しか行かない場合、お墓は結構汚れてしまいます。
お墓は外にあることが多いので、やはり雨や風にさらされていると水垢やコケなどが蓄積されますし、周囲に雑草は生え放題になってしまうのは仕方ないでしょう。

 

お墓の掃除の仕方

墓石をから掃除を始めても良いですが、今からご紹介する手順で掃除をするのが効率が良いでしょう。

 

1.まずは墓地内を掃除します。

  • 落ち葉などを集め、雑草を抜きます。
  • 伸びすぎている植え込みは剪定しましょう。

 

2.次に墓石を洗います。

  • 汚れが少ない場合は全体に水をかけてスポンジでこすります。
  • 落ちにくい汚れは洗剤を使っても構いません。
  • 石の素材やコーティングによっては傷が付く可能性もあるので、あらかじめ墓石の作成元に掃除方法を確認しておくのも良いでしょう。
  • タワシのような毛の硬いブラシや金具のついた道具は使用せず、スポンジなど柔らかい道具を使います。
  • 洗剤を使用する場合手が荒れるので、ゴム手袋などを用意しておきましょう。
  • 彫刻部分は歯ブラシなどの先の細いブラシを使います。

 

 

3.小物も洗います。

  • 花筒や花立、お線香の皿なども掃除します。

4.墓石の水分を拭き取る

  • 水洗いをしたら水分を拭き取ります。

墓石は年中雨風にさらされているので、石が劣化しないように掃除のときだけでも水分を拭き取りましょう。

お墓参りに行けない場合には

最近では仕事や遠方に住んでいてお墓参りに行けない人のために、お墓参りの代行業者が存在します。

 

アルバイトや副業としてこの仕事を請け負う方が多く、通常のお墓参りと同様に、墓石と墓地の掃除、お供えからお参りまでを行なってくれるサービスです。

 

お墓参りの代行料は1万円から2万円が相場のようですが、業者によっても異なります。

 

しばらくお墓参りに行けておらず、メンテナンスをお願したいときには活用するのも良いかもしれません。

Sponsored Link

このページの先頭へ