MENU

お墓参りの基礎知識が【30分で学べる】サイトです。

 

【お墓参りの基礎知識】をたったの30分で習得できる情報サイトです。

 

お盆やお彼岸のお墓参りはいつ行けばいいの?着ていく服装は?掃除の仕方やお供え、お花は何をあげればいいの?
今噂の墓じまいや墓参り代行サービスって何?などの疑問をたったの30分で解決いたします!

お墓参りは時間のむだ?

お墓参りは日本だけの文化ではありません。
宗教は違っても欧米、アジア、その他世界各国で昔から行われている習慣です。

 

お墓参りはいつ行ってもよいものですが、仕事が忙しかったり、霊園が遠方だったり、その他様々な事情で行くタイミングを逃しがちになってしまうことも多いです。
ですので、お盆やお正月、お彼岸といったお墓参りに行く時期が習慣として存在するということは、節目にもなり良い機会と言えるでしょう。

 

しかし、中にはお墓参りをすることに意味を感じなかったり、時間のむだだという意見もあります。
改めて、法要やお墓参りに行く意義を問われると、案外答えを一つに絞るのは難しいように感じます。

 

お墓参りを肯定的に捉えている人の意見には、「お祖父ちゃん、お祖母ちゃんが優しかった」など、自分が小さいころに可愛がってもらった思い出や、故人に縁があった人は亡くなった方に会えるような気がすると言います。

 

お墓参りは故人のためならず

また、お墓は亡くなった方のためにあるのではなく、お墓参りを通して自分や家族の近況を報告したり、お線香をあげながら自分の気持ちを振り返ったりと、生きている人が自分自身を見つめ直し、心の整理をするためにあるという意見もあります。

 

そして、お墓参りは親族が集まる場にもなるので、お墓参りに行く道中やお参りの一連の流れの中で、家族や親戚とコミュニケーションが生まれる機会にもなっています。

 

お墓参りはご先祖様や故人の冥福をお祈りするだけではなく、目に見えないかたちで、生きている人の心を慰めたり、親戚縁者の仲を結ぶ行事となっているのです。

 

お墓参りを義理や厄介ごととしてやるのであれば意味はないでしょうが、命をつなぐ場所として、また自分自身を見つめ直す場所、生きている人のための場所として捉えるのであれば、大変意義のあるものだと思います。

Sponsored Link

このページの先頭へ